FC2ブログ

【箸休め】男の防具

男子最大のウィークポイントの金玉。ここを守る為の金カップに関するちょっとした動画を見つけました。

ただスタジオの女性ゲストも含めてで金カップの耐久度を見ているだけの動画なんですが、こんな動画でも結構好きです(笑)

----------------------------------------
5月14日09:42 追記 (動画とのリンクを削除しました)

ファールカップがどれほどの球速までの衝撃に耐えられるか?というテーマでファールカップにピッチングマシーンから時速○○○キロの速球を当てて実験しているテレビの動画とのリンクを貼っていたのですが、もとの動画が削除されてしまっていました。なので動画とのリンクも削除しておきました。
先月予約投稿をセットしたときは大丈夫だったんですが・・・
冒頭のシーンで野球のキャッチャーがボールが股間に当たって苦しんでいるのをスタジオのアイドルグループと見てたり、ファールカップをこんなの着けてるんだぞって実物を女子たちにも回して見してたりと好きな絵づらだったんで残念です(><)
----------------------------------------

動画の流れとは全く違いますが、女子が「 ほらっ!男子はこれ着けといた方がいいんじゃない? 」または「 男子は着けなきゃ不味いんでしょ(笑) 」「男の人にはあれがあるからww」って金カップを渡してくる。

なんてシーンがあったら何故か興奮しちゃいます。そういう不思議な性分なんです!!!

でも金カップ興味はあるんですが、まだ着けた事はないんですよね。どんな着け心地なんだろう。

この金玉防御の金カップを着けてても振動が伝わるだろうから悶絶自体はしちゃうってのは容易に想像できちゃいます。

『 大事には至らない(潰れない) 』んだけど、ぴょんぴょん飛び跳ねちゃったり悶絶してうずくまっちゃうのはご了承下さいって感じなんでしょうね。

女性からしたら、こんなにガッツリとした防具着けてるのに悶絶するほど苦しんじゃうの??着けてる意味なくない??とか思ったりしちゃうのでしょうか??

響いたらもうダメなんですよね。タマタマって。

でも、これしてる時に勃起したらどうなるんだろう??


2017年あけましておめでとうございます!!!

新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

なんとこのブログをはじめて4回目の『あけましておめでとう』となります。

昨年は特に気持ちの浮き沈みの激しくもうどうでもいいや時期とかも多々ありましたが、何とか続けてこれたのもみなさまのおかけですm(_ _)m

ただ基本的に今はダウントレンドな私の精神状態(><)

このブログは狭い範囲のフェチを描いているので、中々訪問していただける方も増えてはいきませんが、少しでも多くの方に訪れていただけるよう今年も頑張って続けていきたいと思います。

逆に言うと、普段訪れて頂けている方には感謝のいいようがございません。

何かの拍子でこのブログに気づいて下さり、そしてこのブログの内容が許容できる範囲だった訳ですから、かなりのご縁があるものと思います!!!
※何これ??この内容は許容出来ない!って方のほうが多いでしょうから・・・

また来年もこのように挨拶が出来るよう頑張っていきます。

それでは金玉をお持ちの方もお持ちじゃない方も、本年もよろしくお願い致します。

何気ないので構いませんので、コメントとかも頂けますと嬉しい限りです。


最後となりましたが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りさせて頂きます。
Category: 雑記

号泣!!(女子の前で泣く)

男は泣くな!といく教育や価値観の中で育てられたせいか、あまり泣いた記憶がない私。

悲しい、辛い、痛い、怖いなどなどではほぼ泣いた事がないような??

ましてや女子の前で泣くなんて事はまずありえない事でした。

そんな、私が唯一(じゃないかな?)高校の頃に女子の前で号泣した事があります。

それは夏の部活の練習の時でした。うだるような暑さだったのを覚えてます。

ちょっとした休憩の時に女子数人と談笑している時に事件はおきました。

悪友が後ろから忍び寄り、私のキンタマを鷲掴みして下に引っ張ったんですよ。(酷いイタズラ・・)

もう一度言います!! 金玉を下に引っ張られたんです(TT)

服装が陸上のランパンで尚且つ暑くて玉袋がノビノビに伸びきってたので、キンタマが握り易い状態にあり完全に玉袋ごと2つの玉は下に引っ張られました。

私は何が起きたのか分からなく、ただ目の前が真っ白になったのを覚えてます。

そして、第一波として急激な苦しみが。第二、第三と次々と襲ってくるモヤモヤとした気持ち悪さ。

額には脂汗がダラダラと湧き上がる。

息が完全に詰まってしまって呼吸困難になっていたような??

そして、何故か目からは涙がポロポロとこぼれ落ちてきます。

なんていうか生命の危機ってくらい致命的な攻撃を受けたような気がしました。

崩れ落ち、涙をポロポロ流してる私を見て女子達は大丈夫??と心配してくれますが、場所が場所なだけに介抱は出来ない様子。どうしたらいいのか戸惑っている。
(ここら辺は私の勝手な妄想が入ってます。あの時は女子の様子なんて気にしていられるような余裕はなかった)

大丈夫??と覗き込んで来てくれる女子に何も返事が出来なかったです。心の中には苦しさの他に恥ずかしいという感情もあり、とにかく放っといてくれって思ってました。

覗き込んでくる女子の目を見ることは出来なかったのを覚えてます。保健室に行った方が??とか言ってくれたと思うんですが、ただただ苦しいと恥ずかしいという感情が交錯してました。

玉袋を引っ張るいうイタズラをした悪友(男)は、私の様子にビビッてうろたえ腰を叩いたりさすったりしてくれてますが、これも何だか恥ずかしくてやめて欲しかった。

女子の前で腰をトントン叩いたりしないで(TT)って恥じらいもあるのです。でも、止めてくれとか言えるようなそんな余裕もなくただ腰を叩いてもらってました。

しばらくの悶絶が続いたあと、ようやく動けるようになり飛び跳ねたりして涙もとまった所で、女子達が『 もう大丈夫?? 』って心配して声をかけてきてくれるんですが、まだモヤモヤとした気分の悪さは襲ってきているんですが、ただ『うっうん』ってうつむき加減で力のない返事する事しか出来なった夏の日の出来事でした・・・


【気まずい激痛】足ツボ

テレビで足ツボ押されてイタタタァってやってるのみてて興味があったんでやってみてもらいました。

どうせなら強烈なのがいいな!って台湾式ってのを選ぶ。

足ツボマッサージとか、ああいう店って術士の方がお姉さんが多いですよね。

ちょっと聞いてみたら、女の人の方が男に比べて関節が細くてツボに入りやすくマッサージするには適しているそうなんです。

なんだろう?? それを教えてくれた術士のお姉さん、男なんかより女の方が優れてるって感じでちょっと嬉しそうな顔をしてたような??

かく言う私もなんかそう言う発言がちょっと嬉しかったりして(笑)

そして足ツボへの刺激が始まりました。

私の視界には足ツボ反射区の図があり今どこのツボをやってるのかも分かったんでそれを見ながらやってもらいました。

面白いモンで痛い所は超痛いんですが、何とも無いところは本当に何とも無いんですよね。

最初に『 うぐっ 』っと来たのは 「 膀胱 」でした。ゴリゴリした感じがあり超痛く苦悶の表情を浮かべてると、お姉さんが笑いながら 『 ここ膀胱ですよ~ 」って教えてくれます。

『 トイレで出が悪いとかありますか~?? 水分しっかり取ってくださいね~ 』って。

その他、脳下垂体とかも痛くて不眠とか大丈夫か?とか聞いてきます。

そして、進んでく中で一番痛く身をよじるほどの激痛を感じた所がありました。ゴリゴリ感もハンパないです。

思わず足を浮かせてしまった程です。

なっなんだこの痛さはって反射区の図を見てみるとそこに書かれた場所は・・・

『 生殖器(卵巣・睾丸) 』・・・

カカトだったんですが、生殖器(卵巣・睾丸)とかかれていました。

そして同じく足を浮かせてしまうほどの激痛が来たのがカカトの横の所でそこもやっぱり・・・

『 生殖腺(卵巣・睾丸) 』・・・

睾丸・・・ そう書かれていました。

やっやっべ~。金玉かよ(焦)

なっなんで金玉に関わる所がこうも激痛なんだよ(汗)

おっお姉さんさっきまでは、ここはどこどこのツボで普段こんな事はないのか?とかニコやかに解説してくれてたのに今回は無言です。無表情です。

『 ぷっ。こいつキンタマ悪いんかよwww。』『ダッセ~~www まだ若いのにあっちの方はもう弱いのかしらwww 』

とか思われてたらどうしよ~~(焦)

って内心焦りながらも時は過ぎて行き、次に痛くなった『 胃 』ではお姉さんの解説が再び始まってくれました。

お姉さん流石、仕事のプロ!!! キンタマのツボは完全にスルーしてくれました。なんて言うかありがとうございますって感じです。

やっぱ触れられたくはないのでその話題には・・・

そしてそれ以来、足ツボ棒を買ってきて自分でキンタマのツボをマッサージするようにしましたよ。

やっぱキンタマは大事ですから!!!


※でも、卵巣のツボが痛い!!!ってなったとしてもそんな恥ずかしさや気まずさ間抜けさもなく、肝臓とか胃とかと同じような感じで扱ってもらえると思うのに。
何故か睾丸(金玉)ってなるとそんな扱いじゃなくなりますよね。やっぱり目視出来る外部(股の間)にぶら下がってると違いますよね・・・。同じ内臓なのに・・・。


短編作品: 防御本能 その5

サブタイトル 『 キャンタマを守れ! 』 これで終わりです!!!
キャンタマを守れ_005


傘が玉にジャストミートした日にゃ、その女子がその後、傘を持ってるだけで意識してビクビクしてしまいますよ。

だっ大丈夫かな?またやってきたりしないかな??って(><)


もっと話広げようかとも思ったんですが、ここで一旦切ります。

とめどなく続いてしまいそうなので・・・