FC2ブログ

『 短編作品集:女性への股間コンプレックス 』 カテゴリー説明

カテゴリー 日記:女性への股間コンプレックス_男のタマ系 で文章として書いたものに絵を付けたものや短編作品等が分類されるカテゴリーとなります。

単独のカテゴリーとして持たせましたが、作品:どアップサイドストーリー なんかは文章系で書いたものを絵に起こしたものなので、こんな感じに文章系を絵付きにしていきたいな~って思ってます。


作品:どアップサイドストーリー ⇒ http://shippo234.blog.fc2.com/blog-category-11.html


その他 過去に挿絵的に使ったものは、そのページへリンクを載せる形で対応しようと思っております。

目標としては、女性への股間コンプレックス_男のタマ系で書いたもの全部を絵に起こしてみたいと思う所存でございます!! (たぶん無理)


カテゴリー 日記:女性への股間コンプレックス_男のタマ系 → http://shippo234.blog.fc2.com/blog-category-9.html


このほか短編作品とかも作ったらここにぶち込みますので、かなりゴチャゴチャとしたカテゴリーになる事が容易に想像できます・・・

※年始の時に書いた今年こそは、この短編もののカテゴリー作るぞ!!!って抱負をやってみた感じですm(_ _)m



男には無理な木登り(挿絵リンク集)

過去に作った 『 男には無理な木登り 』 2ページ分のリンクを貼っときます。

過去既にアップ済みの短編モノは、このようにこのカテゴリーではリンクを貼る形にします。

男には無理な木登り(おまけ)
http://shippo234.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

男には無理な木登り(おまけのおまけ)
http://shippo234.blog.fc2.com/blog-entry-86.html


ちなみに、これの元となる文章系は以下となります!!

男には無理な木登り(本編)
http://shippo234.blog.fc2.com/blog-entry-84.html


懐かしいな。まだ見た事のない方は、是非ともご覧になってくださいませm(_ _)m


短編作品: 防御本能 その1

キャンタマを守れ_001


なんとな~く描いた短編作品です。

女子と男子の会話のやり取りからなんとな~く女性上位な学園って雰囲気が漂ってますがそんな中、幼馴染は何かに気が付いたようです。それはまた次回!!!


PS: 最近疲れ果てた感がさらに酷くなって来てて色々と手に付かなくなって来ていることが多いです。その為ブログの更新も滞ってくかも知れません・・・


短編作品: 防御本能 その2

続きです!!
キャンタマを守れ_002


お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、この作品は 『 umbrella<絵付きVer> 』 となります!!

前にUPした『 umbrella 』が題材となっております。まだ見た事が無い方はそちらも是非ともご一読下さいm(_ _)m

『 umbrella 』はこちら → http://shippo234.blog.fc2.com/blog-entry-349.html


経験した事がある金玉をお持ちの方は、その時の女子の失笑・あざけ笑いぶりを思い出しながらお読み下さい!!!

ホント男特有の辛さですよね(><)


短編作品: 防御本能 その3

続きです!!
キャンタマを守れ_003


ちなみにこの作品のサブタイトルは、『 キャンタマを守れ! 』 です。

最初は、この『 キャンタマを守れ! 』がタイトルだったんですが、これだとあまりにもそのまんま過ぎたんで止めました。

女子は、「 そんな強くやってないよ!!!」「 軽くやっただけだよ!!!」って言い訳してきますが、強弱の問題じゃないんですよ!!! 僕らの金玉はぁぁぁ~って叫びたかったです(><)


短編作品: 防御本能 その4

サブタイトル 『 キャンタマを守れ! 』 の続きです!!

キャンタマを守れ_004


私が実際に聞いた女子が笑いながら話す、僕らが金玉で痛がってるときの疑問とかをちょっと入れてみました。
(時間軸としては数年をかけてポツリポツリと細切れに言われたのをここでは一気に書いてますが)

女子ってジャンプするのを不思議がりますよね?? 腰を叩くのも。

兎に角笑われているので、悔しいぃぃぃっとなるのですが、それと同時に妙な性的興奮も沸いてきてしまうんですよね。何故か・・・


短編作品: 防御本能 その5

サブタイトル 『 キャンタマを守れ! 』 これで終わりです!!!
キャンタマを守れ_005


傘が玉にジャストミートした日にゃ、その女子がその後、傘を持ってるだけで意識してビクビクしてしまいますよ。

だっ大丈夫かな?またやってきたりしないかな??って(><)


もっと話広げようかとも思ったんですが、ここで一旦切ります。

とめどなく続いてしまいそうなので・・・