fc2ブログ

衝突!

以前と言ってもかなり前になりますが、サッカーの録画放送をBGM代わりに付けていた時のことです。

ピッチレポーターである、女子レポーターが「○○選手 お腹を打ったようです。苦しそうにうずくまっています。」と、レポートする声が聞こえてきました。

実況の人も「先ほどのゴール前の接触プレーで打ちましたかねぇ」とか言っています。

何気なく、画面の方へ目を向けてみると確かにゴールキーパーがうずくまっています。苦しそうな顔してますが、近づいてくるスタッフ達には手で大丈夫とサインを送っています。

途中まで来てたが、それを見て引き返すスタッフ達。プレーは続行可能そうです。

でも、なんか押さえている位置がお腹じゃない。もっと下の方。

そして、ゴールキーパーはトントントンっと片足づつ交互に飛び跳ねて、腰の辺りを叩いています。

最後は、両足でその場でピョンピョンとジャンプとかもしてます。

これは!! ・・・

さあ、女子レポーター!! 今こそキチンとピッチレポートを!

----------------------------------------

『すいません。お腹では無かったようです。男の子の大事な所を打ったようです。』

『えっ?選手の様子ですか?』『えっと~。エヘヘ!』

『申し訳ございません。なにせ私には付いてなくて・・・』

『女の子には一生分かる事の無い痛さなので、今の選手の気持ちを代弁する事は出来ません』

----------------------------------------

とか言え!っと期待しましたが、女子レポーターはその後黙して語らずでした。

やっぱ、恥ずかしかったのかな?気まずかったのかな? 自分で話題振ってみたらそれが金的だったなんて。

でも、これ分かってて、お腹を打ったようですとか言ってくれてたら燃えるですけどね。

「あれ?苦しそう・・」

「あら?もしかしたらキーンっていったのかしら?」

「そんな大した衝突じゃなかったと思うんだけど。マジで?」

「あ~あ。痛くない振りして強がっちゃって。男って大変ねぇ」

「本当はもっと痛い癖に。タマタマもっと押さえて、う~んとか苦しみたいんじゃないの~。」

「あらら?キンタマを手で押さえるのが控えめなんじゃない」

「 やっぱ、恥ずかしいのかな? 」

「でも、無意識の内にどうしても手が股間に行ってるわよ。うふふ」

「!? あははっ ダッセー!」

「飛び跳ねてるよ(笑)」

「腰も叩いてるし(クック)」

「遂に出ましたね!王道のポーズ」

「あの格好・・ぷぷぷっ 笑えるのよね」

「我慢出来なかったのかな?」

「しょうがないよね~。だって男の子だもん。」

「でも、レポート的には 『お腹』 打ったみたいって言っとこ。」

「だって・・女の子ですもん!(キャッ)」 等など、

ああ、こんなんだったら嬉しいんですけど。イヤ!むしろそうであって欲しい!!

なんて・・・ 

真相は彼女のみ知るです。