FC2ブログ

夏が来れば思い出す① 『当たり前でしょ!』

この時期になってくると思い出すのがプール。

そんな季節ネタをつらつらと綴ってみます。大体みなさん経験した事があるような内容かと思います。
思い出にふけっております。

私が通っていた地域には学校にプールがなく、学校から歩いて10~15分くらい歩いた所にあるプールを小学校、中学校、共同で利用していました。

そこのプールには、コンクリート打ちっぱなしの更衣室が1つあるだけだったので、当たり前のようにそこは女子専用となっていました。

男子はというとその更衣室の隣に木製の3段式の棚が並べてあり、棚の前にはスノコが幾つか敷いてあり、その上で着替える事になっていました。

女子の方の更衣室は壁に囲まれた部屋になっているにも関わらず、これでもかという位に警戒厳重に外から見えないよう、窓の前にはロッカーを置いて塞ぎ、出入り口にもロッカーを置いて外から見えないようにしつつ、カーテンまでかけて隙間を完全になくしていました。

扉とかがなかったので、目隠しにロッカーとかカーテンとかで隠す等の策を練る必要があったわけです。

男子はいうと目隠しとかそんな概念すらなく、そこで着替えとけっていう扱いであった為、小学校の4年くらいまでは平気でフルチンで着替えたりしていたのですが、思春期ともなりますと、恥かしさというのが強くなって来たり、女子との扱いの違いに不公平感をもちろん感じるわけで、「女子はいいな~」と抗議を言ったりしたんですが、女子の答えは「当たり前でしょ!」「私達がそんな所で着替えられる訳ないでしょ!」でした。

その不公平感を感じる扱いを受けるまでに至る、経緯というか過程という歴史というかが、
全てこの「当たり前でしょ!」に込められているような気がしました。

このとき感じた羞恥心とあの女子の優越感を含めた笑顔がいまだに忘れられないです。

着替えてた時に私がやってしまったハプニングはまた今度書きます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する