FC2ブログ

夏が来れば思い出す⑤『比喩表現』

意外に長くなってしまった思い出話ですが、とりあえずこれで最後です。

教室に戻ると、その話題が当然出ます。見た3人が他の女子から「○○達、○○の見ちゃったんでしょ!」とか。

チラと見えただけなら、見たという行為を否定するのですが、ここまでモロだとそうも行かないみたいです。

プールからここまでは、何事もなかったように接してくれていたんですが(よそよそしさは凄いありましたが)、格好の笑い話が始まりました。
*しかも3人一緒に見たというのが、目撃した女子達を活気付かせた理由かも知れません。

仲のいい事はいいのですが、被害者の(ある意味では加害者)私も含めてで、この話題を振ってきます。

私にはどうしちゃったの?とか、見せた理由を聞いてきました。

見ちゃった子達には、どんなんだった?とかの質問が主流です。

当然、私のチンコの感想を言うのは、恥ずかしいみたいで、最初ははぐらかしてくれて、「ブリーフが伸びきっていたよね」とか、出ちゃった理由くらいの話で終わらせてくれていたんですが、段々気分も高揚してきたのか、一人の子が、私のチンコを評して

「たけのこの里」みたいだったと感想を述べました。

一同、大爆笑の中、この会話は終わりました。

この比喩表現、今まで自分が聞いた中でも1、2を争うハイレベルなものでした・・・・
(確かに相当縮んでおりましたし、被り具合もそんな感じでした。否定は出来ません・・・)

こんな、思い出話を書いていたら、これも画をつけてみたくなってきました。

ただ、コミPo!でタオル巻いて着替えているシーンとか作れるかな?

難しそうだ。これは無理かな?やる気の問題かな?思案中です。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する